理想の霊園を利用しよう|料金や立地環境が重要

墓地

理想の弔い

霊園は仏教徒ではない方のお骨を埋葬する上で相応しい場所です。多摩で人気を集めている霊園には美しい景観があります。お墓参りに来た人たちが暗い思いにならずに済む霊園を探してみましょう。またバリアフリー設備を取り入れている場所は親切です。

詳しく見る

レディ

安らぐ場所を決める

多摩地区の霊園にはまず公営霊園があります。地方自治体が管理をしていて、費用負担が軽いのが特徴です。購入に条件をつけている場合があるので事前に調べることが大切です。民営霊園は民間の公益法人等が管理をし施設のサービスが整っています。他にも墓石の形は自由か、アクセスはどうか調べておくとスムーズです。

詳しく見る

お花

情報サイトの活用法

交通の利便性にこだわってお墓を探す場合には、仏壇や石材などを販売する業者が運営する、霊園に関する情報サイトが便利です。サイト内には多摩地区の霊園情報も数多くあり、資料請求やメール相談サービスを利用すると、希望する条件のお墓もすぐに見つかるでしょう。

詳しく見る

お墓

費用を用意する

多摩の霊園など、人気のあるところに申し込みをする場合には順番待ちも覚悟しておきましょう。また、申し込み前に費用を用意しておくことが大切です。それから、提出する書類が他にもあるかもしれないので調べておきましょう。

詳しく見る

東京の中では人気の場所

手を合わせる人

公営や民営がある

人が亡くなった場合には弔う場所を用意する必要がありますが、その場合には霊園を選ぶという人も少なくありません。日本の中でも多くの人が集まる東京では霊園の数も不足しており、東京都内でお墓を持ちたいという場合には地方と比べると数十万円は高くなることが多いとされています。そんな東京都にある霊園の中でも23区内は特に人口が密集している地域ということもあり、費用が高額になるだけではなく抽選倍率も高くなる傾向にあります。一方で同じ東京都でも多摩地区は比較的土地が広いために多くの霊園がある場所となっています。多摩地区の霊園は23区と比べると費用も安くなっているため、抽選倍率も高くなっています。多摩地区にある公営の霊園の場合は使用料の相場は150円からとなっています。東京都が管理する公営の霊園とは別に、多摩地区には東京都ではなく民間が管理している民営の霊園も存在しています。民営の場合には公営よりも選択の幅が広くなっていることがあります。そのため、自分の予算に合わせて使いたい区画の広さを選ぶことが可能となっており広さによっては公営よりもだいぶ安い100万円程度でも使用することが出来るようになっています。また、墓石を用意するのではなく納骨堂を利用するというケースも増えています。納骨堂を利用する場合には墓石を用意する必要がありませんので、それだけ費用を抑えることも可能となっています。その他にも最近では樹木葬やペットと一緒に入れるなど、様々な霊園が存在しています。

Copyright© 2017 理想の霊園を利用しよう|料金や立地環境が重要 All Rights Reserved.